NY女子のギフト調査室♡

okayuのギフト調査室♡

世界のギフト文化についてNYで学び、東京のギフトショップでバイヤーや制作を経験し、現在はロンドンのギフトショップで働くアラサー女子が≪各国の贈り物事情やラッピング情報≫を紹介します。|world's GIFT culture from London

#295 ギフトの定番、クチポールはポルトガル発のブランドって知ってた?

どーも、オカユです。


結婚祝いや引越し祝いを贈る時、フォークやスプーンなどのカトラリーは選びやすいものの一つですよね。


中でも特に、クチポールのGOAシリーズは人気が出てから久しいように感じます。

f:id:okayu925:20220825060556j:image

[参考:http://www.cutipol.eu/store-cutlery-goa-collection-24-pieces-set-wood-chest-2795#.YwaSaSXTXDs


日本ではクチポール“風” のカトラリーが出回るほど、お洒落カトラリーの定番になって根付いていますよね。


このブログでは、前回、前々回と更新しているように、ポルトガル旅行について発信していますが、なんとそのクチポールはポルトガル発祥のブランドだったんですね!

www.okayu-gift.com

旅行中、リスボンの街をフラフラと歩いていた時、石畳みに足を取られそうになりながらふと見つけたのがクチポールの路面店でした。

こちらのお店も例に漏れず、かなり急な坂道のど真ん中にあります。

f:id:okayu925:20220825060155j:image
そして吸い込まれるようにしてお店に入店!


日本のセレクトショップやカタログギフトでよく目にしていたあのカトラリーたちが一面に広がる様子は、冗談抜きで感動ものでした!

f:id:okayu925:20220825060126j:image
無駄を削ぎ落としたシンプルな形と、どこか柔らかさを感じるカラーリングは、やっぱり可愛くてお洒落!

f:id:okayu925:20220825060220j:image
他のブランドのテーブルウェアと一緒にディスプレイされたアイテムは、そのままそっくり持って帰って家で真似したくなるほどでした。


お店でお買い物をされていた方はアジア系の方が数組いて、アジア圏で特に人気なのかしら〜と想像を膨らませていました。

たしかに、ここ数年流行っている韓国系のカフェとの相性も抜群な気がします!


ちなみに、クチポールの路面店はポルトガルに3店舗あるようです。


ヨーロッパの急な坂道を歩いていて、まさが偶然バッタリこんな出会いがあるなんて思ってもいなかったので、ラッキー過ぎました(笑)

 

オンラインショッピングもいいですが、実物を店舗で手に取ると、やっぱりギフト選びははかどりますね!

goo.gl


◆今日のひとこと

ついに私の住む家にも物価上昇の波が、、、