NY女子のギフト調査室♡

okayuのギフト調査室♡

NYで世界のギフト文化について学んだ女子が≪各国の贈り物事情やラッピング情報≫を紹介します。|world's GIFT culture from Tokyo

#227 憧れの『セックス・アンド・ザ・シティ』のロケ地を巡りながらNY散歩

どーも、オカユです!

前回の投稿から少し間が空いてしまいましたが、私は元気です!

 

皆さんはNYが舞台のTVドラマというと何を思い浮かべますか?
私は、『Sex and the city』(通称:SATC)シリーズです!

先日、SATCの出演者たちがこぞって続編についてSNSで発信したことで再び人気に火がついています。

 

私はNYに来て以来、SATCのドラマや映画の劇中に登場するNYのスポットをコツコツ回っていいました。

作品がお好きな方も、そうでない方も必見のNYの見どころが詰まったツアーになったので要チェックです!

f:id:okayu925:20210113132807j:plain

『Sex and the city』って?

セックス・アンド・ザ・シティ (字幕版)

その前に、セックスアンドザシティをご存知でない方のために少しだけあらすじをご紹介します。

NYに住む恋愛コラムニストのキャリーと、その女友だち3人がありとあらゆる男性との情事を繰り広げるラブコメディです!

ストーリーだけでなく、登場人物のファッションやグルメなどにも注目されている、カリスマ的ドラマで、98年に放送されて以来、今でも世界中に根強いファンがいます!

もちろん私ものそのひとり!

 

6つのテレビシリーズと、2つの映画で完結?とされていましたが、数日前にキャリー役のサラ・ジェシカ・パーカーをはじめとする何人もの出演者が、続編『And Just Like That...』の制作を発表をしたことも話題になりました。

 

ロケ地を回ってみよう!

では、実際に私が訪れたスポットのご紹介です。

地図は、記事の最後にまとめて掲載しています。

キャリー・ブラッドショーの家

f:id:okayu925:20210113133134j:plain

まずは主人公キャリーのおうちから!

劇中ではアッパーイーストサイド在住とされていますが、撮影されたのはチェルシーにあるおうちが外観の撮影に使用されました。

キャリーがビッグやミランダと待ち合わせるシーンなど、シリーズを通して繰り返し登場します。

今でも人気スポットで、写真を撮るファンの姿もちらほら。

ただし、あくまでも一般のご家庭なので、訪れる際はお静かに、立ち入り禁止ゾーンには踏み入らないようにお気をつけください!

 

マグノリアベーカリー

f:id:okayu925:20210113133221j:plain

f:id:okayu925:20210113133235j:plain

SATCで人気に火がついたグルメといえば、マグノリアベーカリーのカップケーキです!

キャリーやミランダがカラフルなカップケーキを頬張るシーンに憧れた方も多いかと思います。

先にご紹介したキャリーのおうちのすぐ近くにお店がある他、NY市内には5店舗を構えています。

日本にも一時期、表参道にお店がありましたが撤退してしまったのでNYにお越しの際はチェックしてみて欲しい可愛いスポットです!

 

カップケーキもいいのですが、私が是非トライしてみて欲しいのはバナナプディング!

バナナ、クリーム、スポンジで構成されたスイーツで、NYで食べられるものの中で私が一番好きなものです♡

ちなみに、祝日の前はお店が特に混み合うので要注意!

 

セントラルパークのボートハウス

f:id:okayu925:20210113133444j:plain

ドラマのシーズン2で、ビッグとキャリーが待ち合わせするシーンで使用されています。

ビッグからのキスを避けようとして二人で池に落ちてしまうシーン!

 

残念ながら、ボートハウスにあるレストランは昨年閉店してしまったのですが、今でもその面影は残っています!

真冬日に訪れた際は、池の水の表面が凍っていて、それも素敵でした!

 

NY公共図書館

f:id:okayu925:20210113133258j:plain

映画第1作目でキャリーとビックが結婚式をするはずだった会場として選ばれていました。

キャリーのように本好きな方もそうでない方も、この図書館の内装の豪華さや壮大さには驚くはずです!

 

しかし、コロナの影響で2021年1月12日現在では館内に入ることができません。

とはいえ、5番街沿いにあるその外観は必見です!

 

ブルックリン・ブリッジ

f:id:okayu925:20210113133341j:plain

映画第1作目で、ミランダとその夫・スティーブが再開するシーンに登場します。

マンハッタンの南側とブルックリンを結ぶこの橋は、どの角度を切り取っても写真写りがよくいつ行ってもカメラを構える肩の姿を見ることができます!

夫婦関係につまずいていた二人が、橋の真ん中で再開するシーンは何度観ても心が温まります!

 

ちなみに、橋を歩いて渡ると所要時間は20分ほどです。

 

ということで、回ってみると結局SATCファンの方もそうでない方も楽しめる観光コースになりました!
それだけNYを象徴するような作品ということを改めて気付かされました。

今回ご紹介したスポット以外にも、劇中にはNYの名所がたくさん登場します。

皆さんのお気に入りのシーンなど、ぜひ教えてくださいね!

 

goo.gl

 

◆今日のひとこと
最近、身に覚えの無い筋肉痛がよくあります、、、